借りる

コンビニATMからお金を借りる方法をわかりやすい手順付きで解説!

コンビニでお金借りる

外出中や夜中に急にお金が必要になったとき、24時間営業しているコンビニに立ち寄ればその場ですぐにお金を借りられます。

消費者金融の自動契約機や銀行と違って、周りの目を気にせず気軽に立ち寄れるのもコンビニでお金を借りるメリットの一つ。

現在、コンビニATMでお金を借りるには以下3つの手段があります。

契約がない状態でいきなりコンビニへ行っても、すぐにATMで借りられるわけではありません。

必要なときにすぐ借りられるよう、コンビニでお金借りる方法について手順と合わせてわかりやすく解説していきます。

Contents

コンビニATMでお金借りる方法と対応しているコンビニをチェック

コンビニでお金を借りる方法3つと、それぞれの特徴は下記のとおりです。

  • 消費者金融:今すぐお金コンビニでお金を借りたいときにおすすめ
  • 銀行カードローン:コンビニATMに対応しているものは利用可能
  • 手持ちのクレジットカード:審査なしでコンビニATMで借りられる

上記の中で最も審査スピードが早く、アプリだけでも借りられるのは消費者金融です。

前提として銀行カードローンは即日融資を受けられないため、今日今すぐにでもお金を必要としている人は借り入れが不可能です。

手持ちのクレジットカードは、キャッシング枠がすでに付帯している場合のみ、その場で審査なしでATMを使ってお金を借りられます。

コンビニで利用できるおすすめのカードローンを紹介していきます。

今からの借入も可能!24時間いつでもコンビニでお金を借りたいなら消費者金融

コンビニでお金を借りる方法の中で、お金借りる即日に対応しているのは消費者金融のみです。
※クレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合

今から申し込んだとしても、早ければ最短25分で審査・融資まで完了し、お金をATMから引き出せます。

各消費者金融がどのコンビニATMで利用できるかを、以下の表にまとめました。

サービス名 セブン銀行 ローソン銀行 E-net
アイフル
三井住友カード
カードローン
プロミス
アコム
SMBCモビット

※ファミリーマートやミニストップなどに設置

大手消費者金融なら、いずれもセブン銀行・ローソン銀行・E-netのATMで利用可能です。

スマホATM利用でカードローン不要のアイフル

アイフル公式サイト

借入限度額 1~800万円
審査時間 最短25分
融資スピード 最短25分
金利 3.0%~18.0%

※Web申込の場合
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

おすすめポイント

  • スマホATM利用でカード不要&簡単申込可能
  • チャット機能でオペレーターとやりとり可能
  • 初めての人なら30日間は利息0円

アイフルはキャッシュカードを使わずに、スマホアプリで現金の借り入れと返済ができる「スマホATM」を利用できます。

多くの消費者金融で必要なローンカードが不要なので、家族や友人・勤務先に借り入れをバレたくないときにもおすすめ。

アイフルは全国にあるセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの計37,000台以上で、借り入れと返済ができます。

参考: 営業時間とATM手数料:アイフル|セブン銀行アイフル|ローソン銀行

公式の「AIアプリ」をダウンロードすれば、ローンカード不要で借り入れと返済ができるので非常に便利。

ローンカードを受け取るまでにかかる、最短3日~1週間ほどの時間をカットできます。

土日や深夜の借り入れ・返済も可能で、カードを家族に見つけられるリスクもありません。

また原則として、在籍確認のために職場に電話もされないため、勤務先に借り入れがバレる心配もないです。

最短5分で審査結果がわかる三井住友カードカードローン

三井住友カードカードローンの公式キャプチャ

借入限度額 900万円
審査時間 最短5分※1,2
融資スピード 最短5分※1,2
金利 1.5%~15.0%

おすすめポイント

  • 他の消費者金融より低金利の15.0%
  • 利用枠上限が900万円と多い
  • 審査時間が最短5分とスピーディ

三井住友カードのカードローンは、消費者金融ではなく信販・クレジット系のカードローンで、最短5分で審査結果のわかるスピーディさが魅力です。

初回振り込みサービスで即日の融資も受けられるため、できるだけ早めに借り入れしたいときに向いています。

全国のコンビニやスマホから借入可能で、24時間利用できるのも助かります。

最短即日の融資を受けたいなら、初回振込サービスの利用が必要です。

ローンカードは届くのに1週間ほど必要ですが、指定した口座に直接入金してくれるので、カードを待つ必要がありません。

ただ振込専用タイプは、コンビニでの引き出しができないので注意してください。

また返済実績に応じて、金利が引き下げられるサービスもあるため、今後も借り入れする可能性が高いなら利用をおすすめします。

※1 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。

※2 最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00~19:30

※カードレスタイプで審査完了する場合、「オンライン口座振替設定」画面遷移後、50分以内に「オンライン口座振替設定」及び「キャッシングのご契約内容確認」を完了し、「お申込手続き完了」画面まで進める必要があります。

夜間の返済も手数料無料でできるプロミス

プロミスの公式キャプチャ

借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
※三井住友銀行などの口座を持っていれば最短10秒での振込も可能
金利 4.5%~17.8%

おすすめポイント

  • 24時間365日借り入れOK
  • 最短10秒の振り込みも可能
  • 今すぐ借り入れしなくても損しない

プロミスはファミリーマートのコンビニメディア端末を利用すれば、他の消費者金融だと必要な手数料が、24時間無料になります。

夜間の返済も手数料無料になるため、できるだけ支払う金額を少なくしたい人におすすめ。

三井住友銀行ATMの利用で手数料無料になるプロミスですが、公式アプリをインストールしておけば、スマホATMでも借り入れできます。

QRコードの読み取りで、セブン銀行とローソン銀行での借り入れに対応しているので便利です。

また30日間の無利息期間は、初回借入時からカウントされるため、すぐに借り入れしなくても損しません

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

他の消費者金融だと、契約日から無利息期間がスタートしますが、プロミスなら無利息期間の恩恵を最大限受けられます。

Webサイトにログインしたり、必要書類のアップロードしたりするとポイントが貯まり、コンビニATM手数料に充てられるのも嬉しいところです。

ATMで最短30分で借り入れできるアコム

アコムの公式キャプチャ

借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
※楽天銀行なら最短1分
金利 3.0%~18.0%

おすすめポイント

  • 最短30分で借り入れできる
  • ATM検索機能で探す手間が不要
  • 35日ごとの返済もできるので余裕ができる

アコムは最短30分でコンビニATMから借り入れでき、楽天銀行からだと最短1分で融資を受けられます。

スピーディな借り入れを希望する人におすすめです。

ローンカード不要で、スマホATMからセブン銀行とローソン銀行が使えます。

QRコードをかざすだけで手軽に借り入れと返済ができて非常に便利。

ネットバンキングを通じて、口座に直接入金してもらう方法も選べるため、柔軟性があります。

口座への直接入金も最短即日で借り入れできるので、好きな方を選んでください。

平日はもちろん、土日祝日でも最短1時間で借入可能。

さらに初めての利用だと、最大30日間の無利息期間が用意されています。

コンビニ以外にも提携ATMが多数のSMBCモビット

SMBCモビット公式サイト

借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短60分
必要書類 運転免許証、収入証明など
金利 3.0%~18.0%

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

おすすめポイント

  • Web完結なら郵送物もないので安心
  • 銀行口座への振込融資なら最短3分の入金も可能
  • 新規入会でTポイントなどが7,000ポイントプレゼント

コンビニだけでなく、銀行も含めた提携ATMが全国に約14万件あり、多くの場所で借り入れできるのがSMBCモビット。

※2022年5月現在

地方在住の人におすすめのサービスです。

アプリから銀行口座への振込申請をすれば、最短3分で口座に振り込まれるので、非常に便利です。

またスマホアプリ以外に、申込当日にローンカードをコンビニで受け取れるサービスも実施しているため、自宅へ郵送されずに済みます。

銀行カードローンは対応しているコンビニATMが限られる点に注意

コンビニATMに対応している銀行カードローンは消費者金融よりも低い金利で借り入れできるサービスが多いため、できるだけ返済の負担を抑えたい人に向いています。

コンビニATMで利用できる銀行カードローン12社を、以下の表にまとめてみました。

カードローン名 利用可能ATM 金利 限度額 融資時間
楽天銀行スーパーローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.9%~14.5% 800万円 最短翌日
セブン銀行カードローン ・セブン銀行ATM 14.0%~15.0% 300万円 2~4営業日後
ローソン銀行カードローン ・ローソン銀行ATM 14.95%~17.95% カードの利用可能枠の範囲内 最短翌営業日
バンクイック
(三菱UFJ銀行)
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.8%~14.6% 500万円 最短翌営業日
イオン銀行カードローン ・ローソン銀行ATM
・E-net
3.8%~13.8% 10~800万円 最短5日間程度
三井住友銀行のカードローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.5%~14.5% 10~800万円 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀ATM
・E-net
2.0%~14.0% 800万円 最短翌営業日
りそな銀行カードローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀ATM
・E-net
3.5%~13.5% 800万円 1週間前後
オリックス銀行カードローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.7%~17.8% 800万円 -
じぶん銀行カードローン ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.48%~17.5% 800万円 契約後通常1週間程度
十六銀行 ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.6%~14.6% 800万円 申込日から2~3日後
常陽銀行 ・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
1.5%~14.8% 800万円 1~2営業日

手持ちのクレジットカードを利用すれば審査なしでコンビニATMで借りられる

手持ちのクレジットカードにショッピング枠がついていれば、審査なしでコンビニATMでお金を借りられます。

クレジットカードのキャッシング枠とは?
設定された利用限度額以内で、無担保・無保証人で借り入れできる枠。

利用額に応じた金利と手数料が発生する。

クレジットカードといえば、買い物の際に代金を立て替えてもらう「ショッピング枠」の利用が一般的です。

キャッシング枠が最初から付いているクレジットカードを使うか、新たにキャッシング枠を開設すると利用できます。

キャッシング枠を利用した借り入れは、保証人や審査が不要で融資を受けられるのが大きなメリット。

また提携しているコンビニATMでも利用できるため、手続きの面倒臭さもありません。

ただ金利が15.0~18.0%と、比較的高く設定されています。

使った分だけショッピング枠を圧迫してしまうので、買い物がしにくくなるのも難点です。

使いすぎには十分注意した上で、利用した方がいいでしょう。

大手コンビニもカードローンやキャッシングを提供している

大手コンビニのセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートは、それぞれ提携している銀行やクレジットカード会社がカードローンやキャッシングを提供しています。

セブン銀行カードローン 借入・返済手数料が無料
ローソンPontaプラス キャッシングもカードローンも利用可能
ファミマTカード 24時間いつでもキャッシング可能

24時間いつでも利用できたり、電話一つで翌日入金してもらえたりと、利便性の高さが大手コンビニの借り入れサービスの特徴です。

普段よく利用するコンビニや、すでに対応するカードを持っていれば、より使いやすいのがっメリット。

他の借入方法に比べると低い金利で融資を受けられたり、必要に応じて機能を切り替えられたりと、便利なサービスが揃っています。

借入・返済手数業が無料のセブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの公式キャプチャ

借入限度額 300万円
審査時間 2~4営業日後
融資スピード 2~4営業日後

おすすめポイント

  • 上限低金利が15.0%と低め
  • 全国のセブン銀行ATMで借りられる
  • スマホアプリに対応しているのでやりとりの手軽

コンビニ業界で最大手のセブンイレブンに設置されている、セブン銀行ATMでお金を借りられるのが、セブン銀行カードローンです。

利用する曜日や時間帯に関係なく手数料がかからないので、できるだけお得に借り入れしたい人に向いています。

セブンイレブンのATM自体がたくさんあるため、「今すぐお金を用意したい!」ときに非常に便利です。

セブンイレブンは基本的に24時間営業・年中無休なので、土日祝日や時間帯に関係なく、借りたいと思ったときに融資を受けられます。

スマホATMに対応しているのでアプリから借入可能。

さらに上限金利が15.0%と、消費者金融に比べると3.0%ほど低金利に設定されているので、返済の負担も少ないです。

セブン銀行の口座をアプリ・Webから開設して、申し込んでください。

キャッシングもカードローンも利用可能なローソンPontaプラス

ローソンPontaプラスの公式キャプチャ

借入限度額 カードの利用限度枠による
カード年会費 無料
発行日数 最短3日
金利 14.95%~17.95%
※利用可能枠により異なる

おすすめポイント

  • キャッシングとカードローン機能の両方を完備
  • 全国のローソン銀行ATMで借りられる

ローソンPontaプラスはローソン発行のクレジットカードです。

お金を借りて一括返済するキャッシング機能と、毎月分割払いにできるカードローン機能の両方が使えるので、柔軟性の高いサービスを使いたい人に向いています。

借り入れと返済の両方をローソン銀行ATMだけでなく、三菱UFJ銀行や三井住友銀行のATMから可能。

ローソンに寄って買い物するついでに借り入れできるため、使いやすいのも大きなメリットです。

またローソンPontaプラスを使ってローソンで買い物をするとポイントが貯まるため、普段からローソンをよく使う人にも向いています。

24時間いつでもキャッシング可能なファミマTカード

ファミマTカードの公式キャプチャ

借入限度額 150万円
カード年会費 無料
発行日数 4週間ほど
金利 14.95%~17.95%
※利用可能枠により異なる

おすすめポイント

  • ファミマTカードを持っていれば即時振込を受けられる
  • 最短翌日入金の「テレフォンショッキング」機能あり

ファミマが発行しているファミマTカードには、キャッシング枠も付いている場合が多く、24時間いつでも借入可能です。

即時振込を受けられる「ネットキャッシング」も用意されているため、すでにファミマTカードを持っているなら、選択肢の一つに入れてみてください。

ファミマTカードを持っているなら、手持ちのカードを確認し、JCBやVISA・Mastercardなどの、クレジットカード機能がついているかチェックしましょう。

以前はキャッシング機能の付いていない、ポイントを使用するだけのカードがあったので注意してください。

キャッシング機能が付いていれば、ファミマ店内にあるE-netやゆうちょ銀行のATMで、いつでもお金を借りられます。

また電話すれば、指定した口座に最短翌日に入金してもらえる「テレフォンショッキング」機能も。

アプリやWebからの申し込みが面倒くさい人は、電話でのキャッシングがおすすめです。

LINEポケットマネーでもコンビニを利用してお金を借りられる

ラインポケットマネーの公式キャプチャ

借入可能額 5万~300万円
出金限度額 ・1日の限度額:1万円
・最低金額:1,000円
手数料 ・1回に220円
金利 3.0~18.0%
融資スピード 数日

LINEポケットマネーなら、セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMでお金を借りられます。

LINEポケットマネーとは、SNSアプリ「LINE」で、AIスコアを使って審査するローンサービス。

LINE Payにチャージされた金額を、セブン銀行ATMで現金化可能です。

LINEから手軽に使えますが、契約から融資までの審査に時間がかかるため、即日借り入れしたいときには向いていません。

LINEポケットマネーでお金を借りるには、LINE Payカードを発行してもらうのと、LINEアプリからLINE Pay経由の2つの方法があります。

それぞれの大まかな流れを見ていきましょう。

LINE Payカードで出金する方法

  1. LINE Payカードをセブン銀行ATMに挿入
  2. 画面で「ご出金」を選ぶ
  3. 画面上の表示に沿って操作し、完了まで進める

LINEアプリからLINE Pay経由の方法

  1. LINEアプリの「ウォレット」からLINE Payメニューに進む
  2. 画面下部の「設定」→「出金」を選ぶ
  3. 「出金用の銀行口座」→「セブン銀行ATM」と進む
  4. 表示される案内を読む
  5. 最後までチェックしたら下部の「次へ」をタップ
  6. 表示されたコードリーダーでセブン銀行ATMのQRコードを読み取る
  7. 「企業番号」と「認証番号」が表示されるのでセブン銀行ATMに入力
  8. 画面案内の通りに操作して、完了まで進める

LINEアプリからお金を借りられるので、手軽に使えるのが魅力です。

コンビニATMでお金を借りる流れは3ステップ!Webから借りれば最も早い

コンビニATMで消費者金融や銀行カードローンから、お金を借りる方法は以下の2つです。

  1. Web・アプリから申し込んで、スマホアプリから手続き
  2. Web・アプリから申し込んで、発行されたローンカードで手続き

スマホアプリから手続きすると、1時間ほどで借り入れできるため、できるだけ早くお金を借りたいときにおすすめです。

ローンカードの場合は郵送の時間がかかるため、数日~1週間ほどの余裕をもって申し込みましょう。

以下で、スマホアプリを使ってお金を借りる3つのステップを紹介していきます。

1.Webで公式サイトやアプリから申し込む

年齢や年収などの情報を入力し、免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出します。

Webからの申し込みなので、撮影してアップロードするだけでよく、郵送する手間がありません。

2.金融機関による審査

送った情報を元に審査が行われ、最短25分で審査結果がわかります。

3.コンビニATMに行ってスマホアプリを起動

無事審査に通過できれば、コンビニATMの前に行ってスマホアプリを起動しましょう。

画面に表示される案内に従って操作をすればいいので、迷う心配がありません。

ATM画面に表示されたQRコードをスマホアプリで読み取ったり、表示された企業番号や暗証番号を入力したりするだけなので、難しい操作はないです。

3ステップの手順で借り入れできるため、非常に簡単な借入方法と言えます。

消費者金融の無人契約機に行く必要もなく、コンビニですべての手続きができるので、家族や友人にバレる心配もないのが大きなメリットです。

コンビニで借りたお金はコンビニATMで返済できる?

借り入れしたお金は、コンビニATMで返済可能です。

コンビニATMでの返済は借り入れしたときと同じく、アプリで返済を選び、コンビニATMの画面に従って操作すれば問題ありません。

またコンビニ内に設置されている、メディア端末からも返済できます。

メディア端末とは?

コンビニに設置されている端末で、映画やライブのチケットを買ったり、ネットショッピングの代金支払いをしたりできる機械。

ファミリーマートのFamiポート、ローソンのLoppiなど。

メディア端末からは返済のみ可能で、借り入れはできません。

2022年5月時点で、返済ができるメディア端末はファミリーマートのFamiポート。

例えばプロミスは、24時間手数料無料で返済ができるので、お得です。

ただFamiポートからも、2022年3月31日までしか返済できないので、注意してください。

2022年4月以降は、コンビニATMでの返済か、口座からの自動引き落としを選びましょう。

借入先に連携させた銀行口座から、毎月決まった期日に返済できます。

アプリやコンビニATMなどの操作が面倒くさいなら、最初に設定を済ませておくと楽です。

コンビニATMでお金を借りるときの注意点は?利用時間や限度額で借りられないこともある?

コンビニATMは手軽にお金を借りられるので非常に便利ですが、ささいな行動や金融機関の仕様で、トラブルに発展する可能性もあります。

コンビニATMでお金を借りるときの注意点は、以下の4つです。

  • 24時間営業のコンビニでも借り入れできない時間帯がある
  • 消費者金融を利用すると110円~220円の手数料が発生する
  • コンビニATMには1日あたりの利用限度額が設定されている
  • 利用明細を財布に入れておくと借り入れがバレる可能性もある

便利なコンビニATMでお金を借りても、問題が起きるとその日に借りられないことも。

注意点について事前に把握し、確実に借りられるようにしておきましょう。

24時間営業のコンビニでも借り入れできない時間帯がある

コンビニATMは24時間営業なので、24時間365日稼働していますが、メンテナンス時間帯によっては借り入れできない時間帯があります。

各コンビニATMのメンテナンス時間帯を、以下でまとめてみました。

コンビニATM名 メンテナンス時間
セブン銀行 ①毎週日曜21:00~月曜7:00
②日付更新(24:00)の前後数分間
ローソン銀行 毎月第二土曜日の21:00~翌朝7:00
E-net 3:00~5:00の間で15分程度

また消費者金融で即日借り入れをしたいなら、各サービスの審査受付時間内に申し込んでください。

各消費者金融の審査受付時間もまとめてみます。

サービス名 審査受付時間
アイフル ~21:00
三井住友カードカードローン 平日8:50~14:49
プロミス ~21:00
アコム ~21:00
SMBCモビット ~21:00

消費者金融の審査には25~60分ほどかかる場合が多いため、受付時間間近に申請しても、翌日振り込みになる可能性が高いので、注意してください。

できるだけ早く借り入れしたいなら、余裕を持って20時くらいまでには申し込みしておきましょう。

消費者金融を利用すると110円~220円の手数料が発生する

消費者金融や銀行カードローンをコンビニATMで利用すると、110円~220円の手数料が発生するので注意してください。

各消費者金融のコンビニATMを利用したときの手数料について、以下の表でまとめてみました。

消費者金融名 セブン銀行 ローソン銀行 E-net
アイフル 110円~220円 110円~220円 110円~220円
三井住友カードカードローン 無料 無料 無料
プロミス 110円~220円 110円~220円 110円~220円
アコム 110円~220円 110円~220円 110円~220円
SMBCモビット 110円~220円 110円~220円 110円~220円

消費者金融の中で、三井住友カードのカードローンだけが、各コンビニATMでの利用手数料が無料です。

銀行カードローンのコンビニATM手数料も、以下にまとめてみます。

銀行ローン名 セブン銀行 ローソン銀行 E-net
楽天銀行スーパーローン 無料 無料~275円 275円
※会員ステージによって手数料無料回数あり
セブン銀行カードローン 無料 ※取り扱いなし ※取り扱いなし
ローソン銀行カードローン ※取り扱いなし 110円~220円 ※取り扱いなし
バンクイック
(三菱UFJ銀行)
無料 無料 無料
イオン銀行カードローン 110円~220円 無料 無料
三井住友銀行カードのローン 無料 無料 無料
みずほ銀行カードローン 110円~220円 110円~220円 110円~220円
りそな銀行カードローン 220円 220円 220円
オリックス銀行カードローン 220円 220円 220円
じぶん銀行カードローン 無料~110円 無料 無料~110円
十六銀行 110円~220円 110円~220円 110円~220円
常陽銀行 110円~220円 110円~220円 110円~220円
住信SBIネット銀行 無料 無料 無料

最寄りの銀行カードローンで、手数料の少ないサービスを選んで利用するとお得です。

コンビニATMには1日あたりの利用限度額が設定されている

コンビニATMには1日あたりの利用限度額が設定されているため、100万円以上の大きな金額をコンビニATMで借り入れしたいなら気をつけてください。

それぞれのコンビニATMで設定されている利用限度額を、以下の表でまとめてみます。

コンビニATM名 1日あたりの借入限度額
セブン銀行 50万円
ローソン銀行 20万円
E-net 20万円

借入限度額は1日で引き出せる上限金額なので、枠を最大限利用して借り入れしたら、翌日まで融資を受けられません。

またローソン銀行とE-netは、1日の借入限度額が20万円とそこまで大きくないため、気をつけてください。

さらに年収の3分の1を超えて借り入れはできないルールも覚えておきましょう。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。
引用元:1 お借入れは年収の3分の1までです│日本貸金業協会

コンビニATMの利用上限を超えてお金を借りたいなら、日にちを分けて借り入れしたり、別のコンビニでお金を引き出したりするなどの方法を選びましょう。

利用明細を財布に入れておくと借り入れがバレる可能性もある

コンビニATMで借り入れしたときに発行される利用明細を財布に入れておくと、借り入れがバレる可能性もあるので、気をつけてください。

コンビニATMでお金を借りると、利用明細が発行されます。

「利用明細が発行されないようにできないの?」と思うかもしれませんが、貸金業法で利用明細の発行が義務付けられているので、借り入れした側が保管の際に注意しないといけません。

(受取証書の交付)
第十八条 貸金業者は、貸付けの契約に基づく債権の全部又は一部について弁済を受けたときは、その都度、直ちに、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項を記載した書面を当該弁済をした者に交付しなければならない。

引用元:貸金業法|e-GOV 法令検索

気をつけておかないと、家族や友人から借り入れにバレる原因になるので、要注意です。

例えば利用明細をスーツのポケットに入れたままにしてしまい、クリーニングのときに奥さんにバレてしまう場合。

またコンビニATMにうっかり忘れてしまったのを、知り合いに見られてしまう可能性もあります。

金融機関から借り入れしたと気づかれたくないなら、利用明細はしっかり保管してください。

借り入れについて知られたくない人は、利用明細書の管理に気をつけましょう。

コンビニに行くのすら面倒くさい人はインターネットバンキングがおすすめ

コンビニに行くのすら面倒くさい人は、インターネットバンキングがおすすめです。

インターネットバンキングとは?

インターネットを利用した、銀行などの金融取引のサービス。
パソコンやスマホからネットを通して、銀行のシステムにアクセスできる。

自宅にいながら返済できるため、利用している銀行口座が対応しているなら、インターネットバンキングを検討してみてください。

各消費者金融がWeb返済できるかどうか、対応している金融機関がどこかを、以下の表にまとめてみました。

サービス名 Web返済できるか インターネットバンキングに対応している金融機関
アイフル × -
三井住友カードカードローン 三井住友銀行
プロミス 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行など
アコム 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など
SMBCモビット × -

できるだけ手間を省きたいなら、Web返済できるサービスを選ぶといいでしょう。

ATMでお金を借りられるコンビニはどこ?対応表一覧

コンビニATMでお金を借りられるコンビニについて、以下の表にまとめてみました。

消費者金融
消費者金融名 セブンイレブン
(セブン銀行)
ローソン
(ローソン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(E-net)
アイフル
三井住友カード
カードローン
プロミス
アコム
SMBCモビット
銀行カードローン
銀行カードローン名 セブン銀行 ローソン銀行 ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(E-net)
楽天銀行スーパーローン
セブン銀行カードローン × × ×
ローソン銀行カードローン × × ×
バンクイック
(三菱UFJ銀行)
イオン銀行カードローン ×
三井住友銀行のカードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
十六銀行
常陽銀行
住信SBIネット銀行

セブン銀行カードローンと、ローソン銀行カードローンは、それぞれ提供元のコンビニでしか使えないので注意してください。

他の銀行カードローンは、ほぼ大手コンビニATMで利用できるので便利です。

セブンイレブンとローソンならスマホATMでの借り入れが可能

セブンイレブンとローソンなら、スマホATMでの借り入れができます。

スマホATMとは、アプリを使って借り入れや返済ができる方法です。

スマホATMは、キャッシュカードを使わずスマートフォンアプリを使ってローソン銀行ATM・セブン銀行ATMで現金のお預入れ、お引出しができるサービスです。

引用:スマホATM|au じぶん銀行

金融機関のサービスを使うのに必須ともいえるカードや通帳を使わずに、お手持ちのスマホから借り入れができるので、非常に便利。

利用したい借り入れサービスの公式アプリをインストールし、あらかじめ手続きを進めておけば、コンビニATMの操作も簡単です。

セキュリティ面でも、スマホアプリに表示されるQRコードは使い捨てになっているため、悪用される危険性が抑えられています。

4桁の番号とカードがあれば誰でも使えるクレジットカードとは違い、生体認証も搭載されているのが大きなポイントです。

E-netの設置してあるコンビニなら借り入れが可能

E-netの公式キャプチャ

E-net(イーネット)が設置されているコンビニでも、借り入れができます。

E-netとは?

ファミリーマートやミニストップ、デイリーヤマザキなどに設置されているコンビニATM。
全国に約13,000台設置されており、コンビニが営業していれば最大24時間365日利用可能。

大手コンビニではファミリーマートやミニストップ、デイリーヤマザキなどに設置されています。

またショッピングセンターやスーパーにもあるので、よく使う店舗に入っているか確かめてみてください。

E-netの設置されている店舗を、以下にピックアップしてみます。

  • 生活彩家
  • ニューデイズ
  • アンスリー(京阪沿線)
  • サンドラッグ
  • ミニピアゴ
  • ベルク
  • 三和
  • ユニー
  • ドン・キホーテ
  • コストコ
  • カインズホーム
  • アイングループ
  • 国立国際医療研究センター
  • JR九州
  • 大学生協
  • 東京メトロ

設置されていない店舗もあるので、最寄りのコンビニに設置されているかどうか、確認してみましょう。

外出時や急な出費にも対応できる便利なコンビニATMを利用しよう

コンビニATMは外出時や急な出費にも対応できる、便利屋のような存在です。

ひと昔前だと借り入れに対して否定的なイメージもあったかもしれませんが、今ではコンビニで手軽に利用できます。

急にお金が必要になり、家族や友人にバレずに現金を用意したいなら、コンビニでお金を借りられるサービスをぜひ使ってみましょう。

様々なサービスがあるため、自分に合った借入方法を選ぶと、少ない負担で融資を受けられます。

おすすめは手軽に利用できて、無利息期間も付いている消費者金融です。

お手持ちのスマホからアプリをダウンロードすれば、面倒な個人情報の記入や書類を郵送される心配もありません。

-借りる